アクセスカウンタ

<<  2010年3月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ


果肉が黄色で美味しい「ひまわりすいか」北竜産 ひまわりすいか2玉

2010/03/14 08:14

果肉が黄色で美味しい「ひまわりすいか」北竜産 ひまわりすいか2玉
果肉が黄色で美味しい「ひまわりすいか」北竜産 ひまわりすいか2玉
カニや魚卵などの水産品をはじめ、メロンやじゃがいもなど旬の農産品、スイートポテトやラスク等のお菓子まで、北海道から全国のお客様へ“美味しい”をお届けしちゃうんだよ。ひまわりスイカは、通常の赤い果肉のスイカに比べて、糖度ののせ方など、栽培管理が難しく、基本となる土づくりのために、収穫終了後から秋口までには、畑に有機質肥料を施肥し、翌年の収穫に備えます。
ひまわりスイカ生産者組合に所属する16戸の生産農園では、土づくりを基本として、有機質肥料をたっぷりとほどこし、こまめに手入れをすることで品質の高い、小玉のひまわりスイカを生産してるのかも?太陽の光を浴びて育つひまわりスイカひまわりスイカ生産者組合に所属する16戸の生産農園では、土づくりを基本として、有機質肥料をたっぷりとほどこし、こまめに手入れをすることで品質の高いスイカを生産してるのかも?
ひまわりスイカ生産者組合に所属する16戸の生産農園では、土づくりを基本として、有機質肥料をたっぷりとほどこし、こまめに手入れをすることで品質の高い、小玉のひまわりスイカを生産してるのかも?生産農園から撰果場に納められたひまわりスイカは、光センサーによる糖度検査を経て、札幌市や旭川市の卸売市場などへと出荷されます。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


黒皮&黄色の果肉まるで、おつきさまみたい!7月中旬発送開始予定月...

2010/03/13 07:53

黒皮&黄色の果肉まるで、おつきさまみたい!7月中旬発送開始予定月...
黒皮&黄色の果肉まるで、おつきさまみたい!7月中旬発送開始予定月...
北海道に自生する小さな果実北海道だけに自生する山わさびミネラル豊富な健康野菜極小粒の幻の黒大豆。ゆでたての春毛ガニ、生うに、のほか活〆のアマエビが旬を迎えます。「華やか」と「清楚」は対照的なことばですが、花のティーカップを使うとこれが両立しちゃうんだよ。粒が小さいほど旨味があったそうです有名産地の米に匹敵する食味ふわ〜っと豊かな風味が広がります清潔な牧場から生まれた白老牛かみしめると肉汁がジワ〜ッと。
黄色果肉のスイカはあまり目にしませんが、黒皮大玉のスイカの中身が鮮やかな黄色には本当にビックリしました。ただし、冷凍便でお届けする商品は、ヤマト宅急便(クール冷凍便)でのお届けとなるんだよ。黒皮のクリームスイカには、「月の夢」という品種もあったそうですが、一代交配の月の夢とは異なり、お月様スイカは、固定種として品種登録されました。
黒皮のクリームスイカには、「月の夢」という品種もあったそうですが、一代交配の月の夢とは異なり、お月様スイカは固定種として品種登録されました。黒皮スイカは東南アジアでよく見られる種類ですが、日本でも昭和初期以前は黒皮や無地皮が一般的だったそうです。切れ子の中でも最高の「上切り」塩タラコが、なんと2Kgも。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


冬のスイカ高級ブランドスイカ ルナピエナ小玉サイズ(2.0?2.5kg)...

2010/03/04 08:44

冬のスイカ高級ブランドスイカ ルナピエナ小玉サイズ(2.0?2.5kg)...
冬のスイカ高級ブランドスイカ ルナピエナ小玉サイズ(2.0?2.5kg)...
白桃・桃太郎ぶどう・贈答用高級果物・厳選された旬のフルーツ・特産品お取り寄せ・名産品グルメ味の老舗佳月堂爽やかな香りと甘酸っぱい味・みかん、かんきつ類本日入荷の果物を最短で翌日にお届けしちゃうんだよ。実店舗出荷品の包装形態ギフト包装一般包装家庭用エコ対策のし・リボンシール対応包装紙、リボンシールの柄は変わる場合があったそうです包装紙の柄は変わる場合があったそうです。
いずれも高い技術力が求められる栽培方法ですが、植物本来の生命力と最高の糖度を引きだす為に水分を微妙に調整しながら育てる為、天候はもちろん時間の経過とともに変化する湿度や気温などに合わせてまさにつきっきりで育てています。高い技術力が求められる栽培方法ですが、植物本来の生命力と最高の糖度を引きだす為に水分を微妙に調整しながら育てる為、天候はもちろん時間の経過とともに変化する湿度や気温などに合わせてまさにつきっきりで育てています。
◆包装について◎産地直送くだもの各商品ページに記載された産地より収穫期に直送させていただく果物は果樹園(農家)からの出荷となるんだよ為、紙箱及び段ボール箱での梱包となるんだよ。高い技術力が求められる栽培方法ですが、植物本来の生命力と最高の糖度を引きだす為に水分を微妙に調整しながら育てる為、天候はもちろん時間の経過とともに変化する湿度や気温などに合わせてまさにつきっきりで育てています。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


<<  2010年3月のブログ記事  >> 

トップへ

すいか物語 2010年3月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる